麿法務事務所

司法書士法人麿法務事務所のモバイルサイトになります。

過払い無料診断いたします

遺言書・相続問題 一人で悩まずにご相談下さい。

借金問題

過払返還請求

文字通り「払い過ぎてしまったお金を返してくれ!!」と、貸金業者に要求していくことです。「過払い金」とは、本来は支払う必要のなかった払い過ぎた利息のことです。

・利息を払いすぎたと思ったことがある ・毎月いくら払っても元本が減っていかない ・高い金利で取引をしたことがある ・10年以内に完済をしたことがある

利息制限法では、借入金額に応じて15%から20%の上限金利が設定されており、これを超える利息、原則無効となります。しかし実際はそれ以上に高い金利で契約を結び、毎月の支払いを続けているケースがあります。

なぜ利息制限法より高い金利で契約を結んでいるかというと、利息制限法の上限29.2%以下の金利(いわゆるグレーゾーン金利)には罰則規定がないからです。

利息制限法を超えて支払った利息については、引き直し計算をすることで借入元金への充当を行い、なおも支払いすぎた利息が発生している場合には、その返還を請求することが出来ます。 このような過払い金は、任意整理などの債務整理をすると見つけることができます。

モデル図では契約した利息を毎月払っている状態が続き、元本が全く減っていません。

しかし、取引の最初から利息制限法所定利率で引き直し計算を行うと、取引の途中で元本が「0円」になり、更に債権者に対して払いすぎの状態となることがあります。 この払い過ぎの部分を債権者に対して返還を求めていくことを「過払金返還請求」と言います。 過払い金は不当利得にあたり、返還の請求が出来るのが原則ですが、不当利得返還請求には10年の時効がある為、そのままにしておくと時効により消滅してしまいます。

過払返還請求手続きの流れ

  • まずは、お近くの事務所へお電話ください。
  • 御予約いただいた日時に、区切られた相談室で詳しくお話をお伺いします。
  • 私どもにお任せいただければ、親身にあなたと一緒に問題解決を致します。 
  • 頂いた情報を元に、貸金業者から取引の履歴を取り寄せ、
    正しい利息で再計算いたします。
  • 貸金業者と、過払金返還の交渉を行います。
  • 交渉成立。
  • 過払い金が返還されます。

出張相談

土日相談

電話で相談

メール相談