麿法務事務所

司法書士法人麿法務事務所のモバイルサイトになります。

過払い無料診断いたします

遺言書・相続問題 一人で悩まずにご相談下さい。

借金問題

特定調停

裁判所を通した任意整理のようなものだと言えます。 任意整理と違って裁判所に出向く必要がありますが、債権者の協力を得やすいというメリットもあります。

多額の借金を抱えて自己の財産・収入での返済が不可能となってしまうおそれのある場合に裁判所へ申し立て、裁判所内で調停委員の立会いの下で債権者・債務者の三者で、今後の支払方法等について契約当初の約定を変更して和解する法律上の手続きです。

特定調停のメリット

  1. 利息制限法への引き直しによって借金の減額が可能です。
  2. 利息を付けずに元金のみの分割払いが可能です。
  3. 担保・保証人が付いている等、特定調停手続きをとることに支障がある場合は手続きから外すことが可能です。
  4. 裁判所の調停委員が債権者との交渉を進めてくれます。
  5. 手続費用が安価で、比較的手続きも簡単であるため個人での申し立ても可能です。

特定調停のデメリット

  1. 債権者毎の申し立てが必要であり、申立裁判所は債権者の住所地を管轄する裁判所となるため、場合によっては遠方の裁判所へ申し立てをしなければならない可能性があります。
  2. 借金総額の3~5年間で支払えるだけの原資がない場合は申し立てを受理してもらえないことがあります。
  3. 特定調停手続きに対して非協力的な債権者との和解成立は困難です。
  4. 原則期日指定が出来ないため、平日の日中に数回裁判所へ出向いて行く必要があります。
  5. 和解成立後は調停調書が作成され、和解通りの弁済ができない場合は、債権者が強制執行(差押え)をすることが可能となります。
  6. 保証人が付いている場合は手続きの効力が保証人には及ばないため保証人も一緒に手続きをとる必要があります。
  7. 特定調停手続きをとった事実が個人信用情報機関に登録され、一定期間金融機関からの借入れが制限されます。

特定調停手続きの流れ

  • まずは、お近くの事務所へお電話ください。
  • 御予約いただいた日時に、区切られた相談室で詳しくお話をお伺いします。
  • 私どもにお任せいただければ、親身にあなたと一緒に問題解決を致します。 この時点で、取立てがストップいたします。
  • 頂いた情報を元に、債権調査後引き直しを行い債務額を再計算いたします。
  • 打合せ後、各種書類を作成し、手続きの申立を行います。
  • 調停成立後、書類が送付されます。
  • 債務額が軽減され返済が開始になります。

出張相談

土日相談

電話で相談

メール相談