債務整理や過払い金、自己破産等のご相談なら福岡や佐賀にある司法書士法人麿法務事務所へ

漫画で分かる!民事信託

債務整理漫画
民事信託について

民事信託とは

「民事信託」とは、本人(委託者)の有する一定の財産の管理・運用・処分を信頼できる人(受託者)に託して、託された人において、その財産を一定の目的に従って管理・運用・処分し、その中で託された財産や運用益を特定の人(受益者)に給付しあるいは財産そのものを引き渡し、その目的を達成する制度です。「家族信託」という言葉を耳にしたことがあるという方が多いかと思いますが、「家族信託」とは、家族のための民事信託で、当事者が親族で構成される場合をいいます。特徴としては、財産管理等のための報酬が発生しない家族間での利用が想定されているということです。  信託とは契約であり、財産の管理・運用・処分をあらかじめ打ち合わせておくこともできるので、委託者の判断能力が低下したり、認知症を発症した場合でも、受託者が打ち合わせた内容で管理・運用・処分を継続してすることができます。  また、事業承継をスムーズにおこなうこともできます。さらに現経営者を委託者、後継者を受託者として信託契約し、契約内で指図権を定めれば、委託者に経営権を留保しままで、持株だけを移すこともできます。

●民事信託のメリット

〇契約によるので、財産の処分を委託者の納得のいくやり方に指定できる。
〇成年後見制度のように、財産を処分(売買、担保設定等)する際に、家庭裁判所の許可を得る必要がないので、より柔軟な財産管理ができる。
〇遺言ではできない二次相続の指定もできる。例えば、委託者A、受託者B、受益者Aという状況で、Aが死亡した場合は受益者をAの妻であるDにする。さらにDが死亡した場合は、その子供であるEを受益者とすることができる。
〇契約成立時から財産の管理・運用・処分をできる。(任意後見とよく比較されますが、任意後見は本人の判断能力がなくならないと効力が発生しません。同じように、遺言も本人が亡くなってからしか効力は発生しません。それに引き換え、信託は契約成立時から効力が発生します。)
〇子供が障害をもっていたり、引きこもりであったり等で自立した生活が困難な場合、自分が亡くなった後の生活面での心配も民事信託が解決してくれます。自分が生きている間は自分が委託者兼受益者となり、自分が亡くなった後は子供を受益者にする契約内容にしておけば安心です。
〇生前は、財産の受託者に管理・運用・処分を任せ、亡くなった後は、相続人に帰属させることもできる。

●民事信託のデメリット

×信頼できる受託者が必要。(財産を実際に管理・運用・処分してもらうわけなので、受託者との信頼関係が最も重要になります。)
×身上監護権がない。(成年後見制度では身上監護権が認められているので、。委託者の身上監護が必要な場合は、成年後見制度を利用する必要がある)
×財産の所有権が受託者に移転する。(財産が不動産の場合は、所有権移転の登記をする必要がある)

●民事信託手続きの流れ

  • 01まずは事務所にご連絡ください。
  • 02御予約いただいた日時に、来所していただき詳しい内容をお伺いします。
  • 03お伺いした内容を元に、書類の収集・作成等、契約書の作成等をします。
  • 04財産が不動産の場合は、登記手続等も併せてご依頼いただけます。