債務整理や過払い金、自己破産等のご相談なら福岡や佐賀にある司法書士法人麿法務事務所へ

遺産承継の事例(Mさん【相続人が多いし疎遠・・・】

 

M様のご兄弟A様が亡くなり、遺産として預貯金がある。引き出して分割したいが。

 

相続人がおそらく兄弟だと思うが、はっきりわからない

相続人同士が疎遠である

手続きが面倒で、よくわかない

 

上記のような理由で、戸籍の収集から預貯金の分配まで一括して遺産承継業務としてご依頼をいただきました。

 

戸籍を収集して推定相続人を確定させたところ、兄弟姉妹が推定相続人だが、既に亡くなっている方も多く代襲相続が生じているため、その子供も相続人になることがわかりました。

 

相続人が全国各地に散らばっていて、相続人間が疎遠であったため、司法書士が調整役として手続きがスムーズにいくようにしました。

結果

 

相続人の方が書類を集めたり、直接金融機関に出向くことは無く、司法書士が代行して預貯金をご依頼いただいた内容通りに分配させる手続きまでさせていただきました。

相続人が疎遠でかつ代襲相続まで発生していると、相続人同士で面識がなかったりすることもあると思います。司法書士も今回のような形でサポートさせていただけるような存在でありたいと改めて感じております。