債務整理や過払い金、自己破産等のご相談なら福岡や佐賀にある司法書士法人麿法務事務所へ

消滅時効援用の事例(S様【突然、債権者から通告書が…】

突然、債権者からの通告書が届き、

「〇月〇日までに返済しないと裁判所の法的手続(支払督促・訴訟・給与差押等強制執行)による解決を検討します」と記載があり、どうしたらいいか分からない…破産するしかないだろうか、とのご相談です。

結果

今回のケースにおいては、12年前に借りた借金が利息・損害金を含め約830万と高額となってしまっており、全額返済は難しいとのことでしたので、借入された時の状況から現在に至るまでの経過をお伺い致しました。

 

・5年以上、消費者金融やクレジット会社等の債権者に返済をしていない

・5年以上、消費者金融やクレジット会社等の債権者と連絡をしていない

・裁判所からの書面が来たことはない

 

とのお話でしたので、時効で消滅している可能性が高いことをご説明し、その後無事消滅時効を援用することができました。

 

S様のケースにおいては、残債額が高額にもかかわらず、業者が過去に法的手続(裁判や支払督促等)を行っていなかったため消滅時効の援用により、返済をする必要がなくなりました。

今回のように高額な金額を請求された場合、破産するしかないと諦めず、司法書士にご相談ください。

 

但し、請求金額が少ないからといって放置するのは危険です。少額でも裁判される可能性はありますので、上記消滅時効の条件を満たしているのであれば、すぐにご相談ください。