債務整理や過払い金、自己破産等のご相談なら福岡や佐賀にある司法書士法人麿法務事務所へ

裁判手続き

簡易裁判所における訴額140万円以下の訴訟・民事調停・裁判外和解およびこれらに関すること

簡易裁判所の民事訴訟、民事調停等に関して、訴額が140万円以下であれば、簡裁訴訟代理関係業務認定司法書士(以下、認定司法書士)が訴訟代理人として弁護士と同様の訴訟活動を行うことができます。ですので、裁判書類の作成から法廷での訴訟活動など、すべてにおいて訴訟代理人として司法書士にお任せください。

民事訴訟は、市民生活や取引、契約などにおける争いごとを裁くための訴訟です。民事訴訟の特徴としては、積極的に自己主張しないと負けるおそれがあるということです。訴訟のルールとして、裁判官は、原則として当事者の主張したことのみに基づいて判断します。ですので、当事者が何をどのように主張するかはによって裁判官の判断が変わってきます。

・貸金返還請求

・債権回収

・アパート等賃貸物件の明渡請求 など

本人訴訟支援

訴訟自体は自分自身で進行させていくつもりだが訴状や準備書面の書類作成を依頼したい場合、当事務所で裁判所に提出する書類作成を承ります。

簡易裁判所で扱う事件だけでなく、地方裁判所や家庭裁判所で扱う事件でもご依頼いただけます。訴訟費用を節約したい場合にご検討ください。

少額訴訟

60万円以下の金銭の支払いを求める場合に限り利用することができる特別な訴訟手続きです。1回の期日で審理が終わるので手続きが迅速に終わります。認定司法書士が訴訟手続きから差押等。あなたに代わって手続きを行います。

家事事件

家庭裁判所に申立てる事件につき書類作成等を行います。

相続放棄の申述

遺産分割調停の申立て

後見等の開始申立て

離婚調停の申立て

財産管理人の申立

その他各種手続きに関して、書類作成等を行います。

調停

トラブル解決のために裁判所で話し合うことです。公正な第三者である調停人が話し合いを取り持ってくれるので、当事者同士では話し合いによる解決が難しい場合でも調停による解決を目指します。

ご自身での対応が難しいと感じたら、気軽に司法書士にご相談ください。